熱狂的サポーター
2015-05-15

日本とヨーロッパの決定的な差は、「サポーターの質」にあると考えます。
まずは下記リンクをご覧下さい。

http://socsoc.co/detail/1385
これはヨーロッパのポーランドのチームの応援です。
ただ、よく見ると、トップチームの応援をしているのではないということ。
小学生の試合の応援風景です。

 


日本ではまず考えられません。

私の友人は大学卒業後、ドイツの3部リーグと4部リーグのチームでプロ契約をしてプレーしてました。
ドイツでは5部までサッカーだけで飯が食えるそうです。

それは何故なのか?

ドイツでは、生まれた地域にあるクラブを応援するのがスタンダードのようです。

 


仮に私は広島出身なので、サンフレッチェ広島サポーターのように。

しかし、日本ではどういった現象が起きているでしょうか?

転勤等で県外に引越した場合、その地域にあるクラブのサポーターへと移り変わったり、
選手中心に応援するクラブを決めるパターンがほとんどです。

選手がサンフレッチェ広島から浦和レッズに移籍した場合、翌シーズンの応援ユニフォームが紫から赤へ…

 

これでは日本サッカー界の発展には繋がりません。
何故なら、ドイツは街が選手を、街がクラブを育てているという自覚とプライドを持っているからです。

1番の例は、ドイツでは小学生の試合にもお金を払って観戦するのが基本なのです。

また、自分の子どもの試合でなくても、ドイツ人は地元の小学生の応援にグランドへ駆けつけます。
地元カラーの応援タオルを首に巻いて。

素敵な光景が想像できたでしょうか?

私共もドイツの考え方には大賛成です。

広島八幡フットボールクラブは広島市佐伯区に在籍する地域密着型のクラブです。

地域が子どもを育てる。

子ども達の夢に投資していただけるようなクラブ創り、街創りを全力で実施してまいります!

広島八幡フットボールクラブ

代表  岡本 佳大

こちらの記事も読まれています

3.11

私にとって「3.11」は、とても特別な1日です。 東日本大震災から早くも今日で4年の歳月が経過いたしました・・・ この日を迎えるごとに私の中で増していく「空虚感」 月日が流れていくにつれ、 やはり周囲の「復興」に対する意... 続きを読む

理想の経営者

こんにちは。   まだ正式に『広島八幡フットボールクラブ 公式ホームページ』を公開していないにもかかわらず、数多くの方々に閲覧いただきありがたい限りです。   今朝も、   「入団に興味があ... 続きを読む